工事別リフォーム補助金

階段昇降機設置工事の補助金

居住スペースが2階3階にあり、高齢化のために階段を上ることができない場合に、階段昇降機を取り付ける方が多くいらっしゃいます。介護保険の住宅改修では階段昇降機取り付けは対象外となっていますが、高齢者住宅リフォーム補助金などの各自治体の補助金で対象となる場合があります。

階段昇降機設置工事に関する補助金を説明していきます。

椅子式階段昇降機設置工事で使える補助金とは?

階段昇降機の補助金は先述した通り、高齢者住宅リフォーム補助金など、各自治体の補助金で賄われます。補助金額も20万円や40万円などバラバラであるため、各市区町村のホームページを確認する必要があります。

階段昇降機の補助金を受けられるのは、介護認定を受けている人となります。また、事前申請時には一級建築士や作業療法士、理学療法士、ケアマネージャーなどがあなたの身体の状態、そして生活の状態などを確認して、補助金が出るかどうかが決まります。ですので、要支援1や2などの軽度の方であれば補助金を受けることができないことも大いにあります。

3階建ての住宅となると、どうしても生活動線が上下に分かれてしまいますので、「危険だ、転びそう、落ちそう」と感じたら、早めにケアマネージャーや工務店に相談するようにしてください。

一級建築士おすすめの椅子式階段昇降機

あなたの家の階段が真っすぐのタイプであったり、広いタイプであったり、勾配が緩いタイプであればクマリフトなどの日本製の方が安くて問題はありません。しかし、大概の住宅では狭く、折り返し部分があるかと思います。

日本住宅のほとんどは右のイラストのように曲がり箇所があり、そこの角度が急こう配となるため、日本製の階段昇降機ではどうしても外回り(イラストでは左側)にしか設置することができません。すると、人が通常通り上り下りする場合は内回りとなり、踏板(階段の床、踏むところ)が狭いところを上らないといけなくなり、かえって危険になることもあります。

急こう配や階段の幅、そして曲がり角が原因で階段昇降機を諦めようとしている方は、ティッセンクルップ社に一度ご相談ください。この会社の階段昇降機は狭い階段や、急こう配の階段、そして曲がり角でも内回りに設置することができます。階段昇降機を内回りにできるということは、他の家族が上り下りする場合、通常通り外回りで登ることができ、皆が安全になります。ティッセンクルップ社の回し者ではございませんが、私一級建築士が自信を持ってお勧めしたい商品です。

業者探し、問い合わせ先

補助金に関しては、内容を把握している会社、申請ができる会社が非常に少ないですので、ホームプロのような相見積もりサイトであれば探す手間も省けて便利です。

階段昇降機を取り付ける場合、まずはケアマネージャーに相談するようにしてください。ケアマネージャーがいない場合は、市区町村の窓口や工務店、リフォーム会社にお問い合わせください。

リフォーム会社探しはこちら

ホームページで検索をし、一つ一つ確認するのは面倒ですし、その業者が補助金に対応しているのか分かりにくいですよね。業者探しはホームプロでピッタリな業者を探すか、リフォーム比較プロで見積もり比較することが主流となっています。

登録・年会費等は無料、登録後にあなたの要望等を記入する欄があります。「会社・担当者に望むこと」などの欄に「階段昇降機設置工事で使える補助金に詳しい業者を探している、申請に慣れている業者を探している」とご記入ください。補助金に詳しい会社や申請ができる会社がすぐに見つかります

あなたがリフォームで損をしないことを祈っています。