工事別リフォーム補助金

ホームエレベーター設置工事の補助金

居住スペースが2階3階にあり、高齢化のために階段を上ることができない場合や、階段昇降機を設置できない場合等、様々な理由でホームエレベーターを設置することがあります。しかし、ホームエレベーターを設置しようと思うと数百万円の費用が…でも生活をしていく上では工事をしないといけない…。「ホームエレベーター設置工事費用を少しだけでも賄える補助金があればなぁ…」と考えている方も、いらっしゃると思います。

実はホームエレベーター設置工事の補助金があるのです。ここではホームエレベーター設置工事に関する補助金を説明していきます。

ホームエレベーター設置工事で使える補助金とは?

ホームエレベーター設置工事で利用できる補助金としては、高齢者自立支援住宅改修給付事業の助成金、長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金があります。これらを説明していきます。

高齢者自立支援住宅改修補助金でホームエレベーター設置

介護保険制度の住宅改修等ではホームエレベーター設置工事は補助金対象外です。しかし、東京都練馬区では「65歳以上で要介護認定(要支援1・2または要介護1~5)を受けている方」であれば補助金を利用することができます。補助金の上限は90万円であり、非常に高額な補助金を出してくれています。全国的に見ても非常な稀な補助金ですね。

 

その他市区町村では、高齢者住宅改修(住宅改造)の補助金障がい者住宅リフォーム補助金でホームエレベーターの設置工事の補助金が出る可能性もあります。「1階が水回り、駐車場だけであり、どうしても2階3階で生活をしないといけない。階段昇降機が付けられる階段ではない。階段の上り下りができない」など、どうしてもホームエレベーターを設置しないといけない理由があれば認められる可能性があります。

本当にホームエレベーターの設置が必要な方は、まずはケアマネージャーに相談するか、市区町村の高齢福祉課(呼び方は異なります)等、担当窓口に相談に行ってください。

長期優良住宅化リフォーム補助金でホームエレベーター設置

長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金においては、全国共通の補助金なので、練馬区以外にお住いの方も利用することができます。

長期優良住宅化リフォーム補助金では、木造住宅であれば耐震性や劣化対策、省エネ対策といった対象のリフォームと同時にホームエレベーターを設置することで、100万円~300万円の補助金を受け取ることができます。ホームエレベーターに対する補助金額は90万円です。

ただし、ホームエレベーターのみの工事で補助金を受け取ることはできません。必ず耐震性や劣化対策、省エネ対策といった国が定めるリフォームを行う必要があります。「全て国の基準をクリアしてるからホームエレベーター工事のみでも出るのでは?」と思われるかもしれませんが、必ず「耐震リフォーム費用・劣化対策費用・省エネ工事費用」>「ホームエレベーター設置費用」となる必要があるのです。詳しくはコチラを参照ください。

この補助金を使う場合は、かなりややこしい補助金ですので、長期優良住宅化リフォームの補助金に詳しいリフォーム会社を探すようにしてください。

ホームエレベータの設置は、階数によって建築確認申請が必要となるので、建築に詳しいリフォーム会社、工務店に依頼するようにしましょう

 

業者探し、問い合わせ先

補助金に関しては、内容を把握している会社、申請ができる会社が非常に少ないですので、ホームプロのような相見積もりサイトであれば探す手間も省けて便利です。

補助金の内容等に関しては、担当窓口や事務局などに直接問い合わせするのもいいですが、一番話が早いのがリフォーム会社です。補助金について問い合わせるなら、まずは補助金に詳しいリフォーム会社を探すようにしてください。

リフォーム会社探しはこちら

ホームページで検索をし、一つ一つ確認するのは面倒ですし、その業者が補助金に対応しているのか分かりにくいですよね。業者探しはホームプロでピッタリな業者を探すか、リフォーム比較プロで見積もり比較することが主流となっています。

登録・年会費等は無料、登録後にあなたの要望等を記入する欄があります。「会社・担当者に望むこと」などの欄に「ホームエレベーター設置工事で使える補助金に詳しい業者を探している、申請に慣れている業者を探している」とご記入ください。補助金に詳しい会社や申請ができる会社がすぐに見つかります

あなたがリフォームで損をしないことを祈っています。