工事別リフォーム補助金

内窓設置リフォーム補助金

昔の住宅であれば窓から冷気などが入ってきて、なかなか暖房が効かないということがあるかと思います。また、冬は窓に結露が発生し、床が濡れたりカーテンにカビが生えたりしてしまいますよね。そのような結露対策や寒さ対策として内窓を取り付けるリフォームが主流となっています。

複層ガラスを設置している新築であっても、防音対策や防犯として内窓設置工事は有効です。ここでは内窓設置工事やガラス交換工事などといった省エネ工事で使えるリフォーム補助金を紹介いたします。

内窓設置リフォームで使える補助金とは?

内窓設置工事で利用できる国の補助金として。長期優良住宅化リフォーム補助金次世代住宅ポイント制度があります。補助金の出所が国土交通省であるため併用はできず、どちらかの補助金一つのみの利用となります。

長期優良住宅で内窓リフォーム

長期優良住宅化リフォームの補助金は、リフォームの場合は100万円~300万円受け取ることができる、最大のリフォーム補助金です。内窓設置工事やガラス交換工事は省エネ対策対策に当たりますので補助対象となります。

補助金額としては下表のとおりであり、表中の金額の1/3が実際の補助金となります。

(抜粋:長期優良住宅化リフォーム推進事業事務局HPより)

内窓設置やガラスを複層ガラスに交換する工事、玄関ドアの交換に対応しており、カバー工法によるサッシ取替も対象となっています。この補助金は内窓設置工事の他にエコキュート設置工事や在来タイル張りの浴室からユニットバスへ変更する工事など、他に補助金対象となっている工事を同時に行おうとしている方にお勧めです。

内窓設置で次世代住宅ポイント取得

内窓等を取り付ける工事で家電製品などと交換できるポイントを貰える制度が次世代住宅ポイント制度です。ポイント数は下表の通りです。

(抜粋:次世代住宅ポイント制度事務局HPより)

大サイズ(2.8㎡以上)の内窓設置のポイント数を見ると、次世代ポイント制度では20,000ポイント、長期優良住宅化リフォームでは26,600円の補助金額となります。長期優良住宅化リフォーム推進事業の方が補助金額が高いのですが、インスペクション費用や資料作成費、申請費用などが必要となるため、内窓設置のみの工事であれば、次世代住宅ポイント制度を利用した方が安くことが多いです。

業者探し、問い合わせ先

次世代住宅ポイントは申請手続き等慣れている業者が多いですが、長期優良住宅化リフォーム補助金に関しては、内容を把握している会社、申請ができる会社が非常に少ないですので、ホームプロのような相見積もりサイトであれば探す手間も省けて便利です。

補助金の内容等に関しては、市区町村や国土交通省等に直接問い合わせするのもいいですが、一番話が早いのがリフォーム会社です。補助金について問い合わせるなら、まずは補助金に詳しいリフォーム会社を探すようにしてください。

リフォーム会社探しはこちらから

ホームページで検索をし、一つ一つ確認するのは面倒ですし、その業者が補助金に対応しているのか分かりにくいですよね。業者探しはホームプロでピッタリな業者を探すか、リフォーム比較プロで見積もり比較することが主流となっています。

登録・年会費等は無料、登録後にあなたの要望等を記入する欄があります。「会社・担当者に望むこと」などの欄に「内窓設置工事の補助金が使える業者を探している、申請に慣れている業者を探している」とご記入ください。補助金に詳しい会社や申請ができる会社がすぐに見つかります

あなたがリフォームで損をしないことを祈っています。