工事別リフォーム補助金

ユニットバス取替リフォーム補助金

ユニットバスを取り換えたり、在来のタイル張りのお風呂からユニットバスに取り替える方は多いのではないでしょうか。ユニットバスリフォームを考えた際に補助金のことはリフォーム会社から提案されたでしょうか。おそらくされていないかと思います。

ここではリフォーム会社が教えてくれない、ユニットバスリフォームの補助金について説明いたします。

ユニットバスリフォームで使える補助金とは?

浴室リフォームで活用できる補助金を説明していきます。

次世代住宅ポイント制度

こちらは補助金ではなく、エコな電化製品などに交換できるポイントがもらえます。ユニットバスからユニットバスへ取り替える場合や、在来のタイル張りのお風呂からユニットバスに取り換える場合が対象となります。ユニットバスリフォームを行う場合は、「高断熱浴槽」、「節湯水栓」、「段差解消」、「手すりの設置」、「浴室乾燥暖房機の設置」が対象となります。

どのようなユニットバスを設置するかによりますが、57,000ポイントを取得することができます。

次世代住宅ポイント制度概要はコチラ

介護保険住宅改修、高齢者住宅リフォーム補助金等

介護保険の介護認定を受けている方であれば、介護保険を利用して手すりを取り付けたり段差を解消したりといったバリアフリーリフォームを行うことができます。

補助金額は介護保険制度においては14~18万円、高齢者住宅リフォームは各市町村によって異なりますが、おおよそ20万円程です。

浴室の出入り口の段差が高い場合や、浴槽のまたぎ越し高さが高い場合で、ユニットバスに取り換えないと段差解消(緩和)できない場合は、介護保険等の補助金を活用することができます。今現状がユニットバスであり、取り換えた後も同じ出入り口の高さである場合は勿論対象外です。洗面所のかさ上げができるかどうか、出入り口の段差を解消できるかどうかなど関係してきますので、まずはリフォーム会社等に相談してみてください。

介護保険の住宅改修補助金の概要はコチラ

高齢者住宅リフォーム補助金の概要はコチラ

障がい者向け住宅リフォーム補助金の概要はコチラ

長期優良住宅化リフォーム補助金

長期優良住宅化リフォームの補助金は、リフォームの場合は100万円~300万円受け取ることができます。在来のタイル張りの浴室からユニットバスに変更する場合は、いわゆる「特定性能向上工事」の劣化対策に当たります。

補助金額としては、ユニットバス化を行うと80,000円、ユニットバス取替に伴う洗面脱衣室のクッションフロア張替え、クロス張替えで500円/㎡となります。

ただし、長期優良住宅化リフォームの補助金は1度きりしか使うことができませんので、併せて耐震工事や内窓設置工事、エコキュート設置工事などを合わせて行おうとしている方にお勧めです。すべて行う必要がないという方は、ユニットバスのみで申請ください。

長期優良住宅化リフォーム補助金の概要はコチラ

業者探し、問い合わせ先

介護保険や高齢者住宅リフォームに関しては、ケアマネージャーがいる場合はケアマネージャーに相談してください。ケアマネージャーがいない場合はリフォーム会社にお問い合わせください。

長期優良住宅化リフォーム補助金に関しては、内容を把握している会社、申請ができる会社が非常に少ないですので、ホームプロのような相見積もりサイトであれば探す手間も省けて便利です。

補助金の内容等に関しては、市区町村や国土交通省等に直接問い合わせするのもいいですが、一番話が早いのがリフォーム会社です。補助金について問い合わせるなら、まずは補助金に詳しいリフォーム会社を探すようにしてください。

リフォーム会社探しはこちらから

ホームページで検索をし、一つ一つ確認するのは面倒ですし、その業者が補助金に対応しているのか分かりにくいですよね。業者探しはホームプロでピッタリな業者を探すか、リフォーム比較プロで見積もり比較することが主流となっています。塗装工事であれば、外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】もお勧めです。

登録・年会費等は無料、登録後にあなたの要望等を記入する欄があります。「会社・担当者に望むこと」などの欄に「ユニットバス取替で補助金が使える業者を探している、申請に慣れている業者を探している」とご記入ください。補助金に詳しい会社や申請ができる会社がすぐに見つかります



あなたがリフォームで損をしないことを祈っています。