リフォーム補助金の概要

高齢者住宅リフォームの補助金

高齢者が居住している住宅について、段差解消などのバリアフリーリフォーム(介護リフォーム)を行う際に、介護保険制度の住宅改修費では賄えない場合、対象範囲外である工事費用の一部が補助金として賄われるという制度です。介護保険制度の住宅改修と併用でき、住宅改修補助金に上乗せして支払われる補助金です。この補助金は各市町村によって呼び方や対象者、補助金額が異なるため、各市町村のホームページを確認する必要があります。

ここでは補助金を“高齢者住宅リフォーム”と呼ぶこととし、の補助金に関して、簡単に説明していきます。

高齢者住宅リフォーム0

高齢者住宅リフォーム補助金の対象者

高齢者住宅リフォームの補助金を受けるためには、各市町村によって条件が定められています。

①65歳以上の方

②65歳未満で要介護・要支援認定と障がい者手帳の両方をお持ちの方

③介護保険料段階が第1~6段階であり、要介護認定で要支援以上の認定を受けた高齢者のいる世帯

等、市町村によって対象者が変わります。

障がい者手帳のみをお持ちの方は、俗に“障がい者住宅改造”と呼ばれる補助金が別でありますので、そちらに関しては別コラムにて説明します。

高齢者住宅リフォーム補助金額

高齢者住宅リフォームの補助金額は、市区町村によって20万円や30万円40万円など金額が異なります。また、「生活保護受給世帯」や「市民税非課税世帯」など、所得によって何割補助されるのかが決まってきます。

また、高齢者住宅リフォームの補助金と介護保険制度の住宅改修補助金を併用する場合は、介護保険制度の住宅改修補助金の利用が優先されます。つまり、高齢者住宅リフォーム補助金を先に使って、介護保険制度の住宅改修補助金を残しておく…ということはできません。

高齢者住宅リフォームは対象となる総工事費から介護保険制度の住宅改修対象工事分(20万円)を差し引き、残った額の9割や10割を補助するというイメージになります。

例えば総額で50万円かかる工事であれば、30万円が高齢者住宅リフォーム補助金の範囲となります。30万円のうち、9割補助の世帯であれば、高齢者住宅リフォーム補助金としては27万円の補助金となります(自己負担は2+3=5万円)。

高齢者リフォーム補助金例

対象となる高齢者住宅リフォーム工事

高齢者住宅リフォームの補助金を受け取るには、対象となる工事を行う必要があります。その対象工事は基本的には介護保険の住宅改修工事と同様と考えていただいて結構ですが、階段昇降機など、高齢者住宅リフォーム補助金でしか出ないものもあります。

高齢者住宅リフォームの補助金を活用する場合は、材料などは高額なものを選択することはできない場合が多いので注意が必要

手すりの取り付け

手すり手すりの取り付けに伴い、下地補強工事や壁紙修繕工事等、介護保険制度の住宅改修では賄いきれない部分において補助されます。勿論手すりの取り付け箇所が多く、20万円では収まらない場合などでも、残りの手すり分は補助されます。(以下同様)

 

段差の解消

段差段差の解消は様々な手法で解消します。敷居の撤去だけであれば住宅改修の範囲で収まるかと思われますが、床一面を敷居の高さまで上げた方がいい場合もあります。そのような場合は到底20万円では収まらないため、高齢者住宅リフォームの補助金を活用することもあります。

床または通路面の材料の変更

床材床材の変更においては、和室の畳を洋室のクッションフロアーに変える場合などに高額となりますので、高齢者リフォーム補助金を活用することがあります。注意点としては、フローリングにしたい場合であっても、補助金を利用する場合はクッションフロアとして見積りする必要があります。フローリングにしたい場合は、差額分を自己負担とすることで、フローリングに変えることも可能です(市区町村による)。

他には、在来の壁がタイル張りの浴室で、またぎ越し高さが高い浴槽を取り換える場合も高額となりますので、高齢者住宅リフォームの補助金が活躍します。高齢者住宅リフォームの補助金では、商品代やタイルの補修、左官工事、配管工事などが賄えます。

扉の取り替え

扉扉の取替において、高齢者住宅リフォーム補助金を利用する場面としては、玄関扉を引き戸(横にスライドさせるタイプ)に変更する場合が考えられます。玄関扉を引き戸に変える場合は、外壁や内壁、柱の位置の変更が必要となり、付帯工事が高額となります。アウトセットタイプの玄関引き戸もありますので、工務店等との入念な打ち合わせが必要となります。

洋式便器等への便器の取り替え

洋式便器和式便器から洋式便器に取り換える場合は、殆ど20万円以内に収まることはありません。和式便所から洋式便器に取り換える場合、解体工事や大工下地工事、内装工事や配管工事など、介護保険の住宅改修では賄えない部分も補助されるので、自己負担が少なく工事を行うことができます。

階段昇降機

階段昇降機を取り付ける場合、高齢者住宅リフォームの補助金が利用できます。階段昇降機の取り付けには数十万円、数百万円単位で必要となりますので、補助金を受けられると非常に助かりますね。

ただし、補助金を受けるためには、住宅によっては建築確認が必要となり、図面などが残っていない住宅の場合は、再度建築確認を取るために数十万円の費用がかかりますので、まずは、市区町村にご相談ください。

申請方法

高齢者住宅リフォーム打ち合わせ申請は基本的にケアマネージャーが行います。ケアマネージャーがいない場合は工務店やリフォーム会社が代理で行います。

介護保険制度の住宅改修と異なる点は、高齢者住宅リフォーム補助金を利用する場合は、市の職員や委託されている1級建築士、作業療法士などがあなたの家に調査に来ます。調査を行い、専門家があなたの体の状態や動作を確認し、必要な個所に必要な工事を行うように計画を立てます。勿論、勝手にすべてを決められるわけではなく、あなたの意見も聞き入れてくれます。

計画が決まれば工務店等の見積もりを1級建築士が単価や施工範囲などをチェックし、見積り内容が決定します。

介護保険制度の住宅改修と高齢者住宅リフォーム補助金を併用する場合は、工事までに時間がかかるため、工事を急いでいる方には不向き

他の補助金との併用

高齢者住宅リフォーム補助金は、他の補助金との併用が可能です。他の補助金として、介護保険制度の住宅改修や耐震改修工事や次世代住宅ポイント制度(省エネ住宅ポイント制度)、長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金などがあります。

ただし、申請期間や工事期間が長くなりますので、ゆとりを持って計画しましょう。

問い合わせ先

問い合わせ「ここに手すりが欲しい!」などと思った場合、まずはあなたを担当しているケアマネージャーにご相談ください。ケアマネージャーがついていない場合はリフォーム会社などにお問い合わせください。

気軽に相談できるケアマネージャーやリフォーム会社がいない場合は、各市町村の担当窓口までお問い合わせください。

リフォーム会社探しはこちら

ホームページで検索をし、一つ一つ確認するのは面倒ですし、その業者が補助金に対応しているのか分かりにくいですよね。業者探しはホームプロでピッタリな業者を探すか、リフォーム比較プロで見積もり比較することが主流となっています。

登録・年会費等は無料、登録後にあなたの要望等を記入する欄があります。「会社・担当者に望むこと」などの欄に「高齢者住宅リフォームの補助金が使える業者を探している」とご記入ください。補助金に詳しい会社や申請ができる会社がすぐに見つかります